特別なアドバイスと情報 ラ ケットスポーツプレーヤーの皆様へ

JA chevron bas

MISCELLANEOUS 30.04.2020

テニスコートは不要!自粛期間中のトレーニング方法

バボラのコーチが教える自宅でのトレーニング方法。すべてのプレーヤーに応用できる簡単なドリルで、その日のために体力をキープし、すぐにコートに立てるように準備をしよう。

新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐため、世界中で自粛が求められ、テニスクラブやコートも閉鎖されています。でも、自宅でトレーニングを続けることはできます。今回はバボラのアンバサダー・コーチに、自粛期間中のトレーニングについて聞いてみました。

コンディションづくりのためのルーティン、フットワークドリル、コーディネーション・エクササイズなど、バボラのコーチが紹介するさまざまな練習方法は、特別な機材を使わずに限られたスペースでもできるものばかりです。まず、屋内(玄関や寝室、ガレージ)あるいは、晴れた日は屋外(テラスや庭)で、練習に適した場所を選びます。すべての方向に数歩移動できるだけの十分なスペースとテニスをしているというイメージが膨らむような場所であれば最適です。アクティブであり続けることで、コートに戻れるようになるまでの間、スキルを維持するだけでなく向上させることもできるのです。

自宅でのトレーニングのヒントを得るために、バボラのアンバサダー・コーチであるトニ・ナダルとジル・ボーシエールによる動画をチェック。すべてのレベルのプレーヤーに役立つヒントが見つかるはずです。

トニ・ナダル(スペイン):ラファエル・ナダルを長年指導した元コーチ

インサイダーからのヒント:「今の時期を逆に活かせ!最も大事なのはアクティブ・マインドを維持すること。そうすれば、コートに戻ったときには、すべてがスムーズにいくはず」

ジル・ボーシエール(フランス):ティーチング・プロ

インサイダーからのヒント:「栄養の基本を忘れるな!バランスの取れた食事をし、間食を避け、定期的に水分を補給すること」

今のような時期は、新しいルーティンを確立するためのチャンスだと言えます。まずは、トレーニングや運動、健康的な食事、十分な睡眠のためのスケジュールをきちんと立てること。さらに昔の試合を観てヒントをつかんだり、バーチャルの練習に友人を招待したり、テニスをもっと究めるための時間をつくることもできます。

こんな状況に負けない前向きな姿勢と、トレーニングのヒントを与えてくれたバボラのコーチに感謝します。また、バボラのソーシャルチャンネルでは、この他にも自宅でできる工夫を凝らした練習方法も紹介しています。では健康に気をつけて、一日も早くコートで再会できることを願っています!
#BabolatFamily

さらに読む